• 基準点測量

    既設の基準点(三角点・電子基準点等)を基に新しい基準点を設置し、 新点の位置(座標及び高さ)を求めるもので、あらゆる事業を行う際の根幹となる測量です。
  • 水準測量

    高さを求める測量です。
    観測は視準線を水平に出来るレベルという望遠鏡で、 目盛りの付いた標尺と言う棒を読み取ります。
  • 現況測量

    現況測量は、決められた測量範囲内に設置した3級基準点及び4級基準点にトータルステーションを設置し、現地の地形、地物(側溝.コンクリート構造物)の位置座標を取得した後、編集作業を行い、現況平面図を作成します。
  • 路線測量

    路線測量は、道路や水路等の建設の為の調査・計画・設計に用いられる測量です。代表的なものとしては中心線測量、仮BM設置測量、縦横断測量等が挙げられます。
  • 深浅測量

    河川深浅測量は、河川の水底部の地形を把握するため、水面を基準として水深・位置・水位を測定し、横断面図を作成する作業です。
  • 空中写真測量

    UAV(ドローン)を用いて撮影した空中写真を三次元解析することにより、三次元点群データを作成します。作成したデータより、地形・地物をより直感的に、かつ手軽に把握することができます。また、任意で断面の抽出や、土量を計算することが可能です。
  • 地上レーザー測量

    TLS測量は地上レーザースキャナを用いて、短時間に高密度で高精度な3次元現況データを取得する測量です。取得した3次元データを元に縦横断図等の必要なデータ等を抽出することが可能です。
TOPへ戻る